旅には目的地のある旅と無い旅があります。一般的に言えば目的地を決めて行われており、その目的地に行って何かを楽しことを言います。(例えば、温泉で身体を癒したり、ゆっくりと宿で滞在したり、観光を楽しんだり等)。また、目的地は形式的に設定されているだけであまり重要でなく実質は移動途中の行為であるような旅、移動中に様々なものを見てゆくことが主たる愉しみである旅もある。