最近では、ショッピングが一種の行楽(レジャー)として認識されるようになってきました。コンビニエンス・ストアやスーパーマーケット程度では余り行楽要素が重要視されない傾向が強く日常生活の用に足す食料や生活雑貨(消耗品・衛生用品)といったものしか購入されないものの、百貨店などともなると行楽要素も強まり、また商店街(ショッピングモール)ともなると特に行楽要素を重視した店舗が立ち並ぶ傾向も見られます。